足立区の出張写真撮影

足立区の出張写真撮影プロカメラマンフォトサービス予約依頼

出張撮影 足立区

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは足立区でのプロカメラマン(プロ写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

出張 撮影

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 写真

 

≪地域情報≫

出張 写真 足立区

足立区の概要
東京23区の北東部に位置し、隅田川と荒川に挟まれた地区と、面積の大半を占める荒川以北の地区とに分かれている。武蔵国の足立郡が、1878年(明治11年)に南北に分かれた南足立郡の10ヶ町村が前身。 「足立」の由来は、もと万葉仮名で「阿太知」だった[1]ものを諸国郡郷名著好字令により置き換えたとみられるほか、日本武尊(または坂上田村麻呂)が立てるようになったという伝説や「葦立ち」の転じたものとする説もある。南東の荒川南岸に位置する千住地区は、江戸時代には日光街道と奥州街道の第1宿「千住宿」であり、現在はターミナル駅である北千住駅を擁する区内随一の繁華街となった。

 

足立区の鉄道
8路線が通る。中央部を東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)、東部をつくばエクスプレスがそれぞれ南北に縦断し、南東部を常磐線が葛飾区との境界部を掠める。これらの3路線と東京メトロ日比谷線、東京メトロ千代田線を合わせた5路線が北千住駅を経由する。同駅の一日平均乗降人員は約150万人であり、足立区を代表するターミナル駅である。また、荒川と隅田川に挟まれた南端部は京成本線が東西に横断し、西部は新交通システムである日暮里・舎人ライナーが南北に縦断する。

 

歴史
1947年(昭和22年)5月3日 地方自治法により特別区となる。
1953年(昭和28年)東武鉄道中千住駅が廃止される。
1962年(昭和37年)5月31日 営団日比谷線(現東京地下鉄)(北千住 南千住間)開業、東武伊勢崎線への相互直通運転を開始する。
1964年(昭和39年)2月 お化け煙突が解体される。
1968年(昭和43年)2月25日 都電三ノ輪橋-千住四丁目間が廃止される。
1969年(昭和44年)12月20日 営団千代田線(北千住 大手町)が開業する。
1969年(昭和44年)環状7号線のうち区内部分が全線開通する。
1971年(昭和46年)4月20日 営団千代田線(北千住 綾瀬)が開業する。
1979年(昭和54年)12月20日 営団千代田線(綾瀬 北綾瀬)が開業する。
1982年(昭和57年)3月 首都高速道路の区内初の区間が開通する。(向島-千住新橋間)
1987年(昭和62年)5月1日 東武鉄道千住線(千住分岐点(旧中千住駅) 千住)が廃止される。
2005年(平成17年)8月24日 首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス(秋葉原 つくば)開業、青井駅・六町駅が開業する。
2008年(平成20年)3月30日 東京都交通局日暮里・舎人ライナーが開業する。